サプリメント 弊害 避ける

MENU

サプリメントの弊害を避ける為に

健康や、美容のためにサプリメントを利用する人が増えていますが、用法や用量を誤ると弊害が生じる場合があります。普通の水や、ミネラルウォーターでサプリメントを飲みましょう。例えば、コーヒーや紅茶、日本茶などは、食後にこれらを飲んだついでにサプリメントも飲んでしまおうという人も多いと思います。

 

問題は、お茶やコーヒーには、タンニンや、カフェインといった成分が含有されていることです。サプリメントと、カフェインやタンニンを同時に摂取すると、サプリメントの有効成分が吸収されづらくなることがあります。ですから、御茶やジュースなどと、一緒に飲まないようにしましょう。

 

また、ミルクも、サプリメントの効果が薄くなる要素がありますので、避けましょう。他の薬と、サプリメントを併用したり、何種類かのサプリメントをまとめて飲むと、体に不調が生じることがあります。

 

サプリメントと薬のどちらも食後に飲まねばならず、何か問題がないか知りたいという時には、ドラッグストアや病院で効きましょう。サプリメントも同士でも、中には飲み合わせの悪く、効果がなくなってしまったりするものもあります。サプリメントを飲みながら、薬を飲んでいるせいで、薬の効果が現れすぎて、弊害が出たりします。

 

サプリメントの弊害リスクを減らすには、アレルギー持ちの人や、お腹に赤ちゃんがいる人は、サプリメントを使わないことです。自己判断で薬を摂取していたために、健康に影響が生じたり、胎児の成長を妨げることがあります。

 

サプリメントを摂取しても問題はないかを、聞いてからにしましょう。誰も、サプリメントは健康維持や、美容効果を期待して飲むものですが、健康被害などの弊害がないように注意しましょう。